Columnコラム

地球温暖化って何?

こんにちは。

1年半前まで、

地球温暖化=とりあえず節電すれば良いと思っていた、

ヒダです!


地球温暖化ってよく聞くけれど、

結局どういうこと?

地球が暖かくなると何がいけないの?

このような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。


このコラムで、一緒に学んでいきましょう!

 

地球温暖化とは?

温室効果ガスの濃度が上がりすぎてしまうことをいいます。

では、温室効果ガスが悪者かというと、そうではありません。

 

温室効果ガスは、暮らしやすい気温を保つためには必要なもので、

もしなくなると、

太陽からのエネルギーを地球に留めておくことが出来ずに、

とても寒い地球になってしまいます。



参照:全国地球温暖化防止活動推進センター


つまりここで問題なのは、

温室効果ガスの濃度が「上がりすぎている」ことなのです!

そして、その原因は、人間活動によるものだと決定づけられています。

 

地球温暖化による悪影響

地球温暖化が進むと、

私たち人間や、動物・植物たちが生きづらくなるなど、

さまざまな問題が起きてしまいます。

ここでは、代表的な3つの問題を紹介します。



参照:環境庁「教えて!地球温暖化」

 

それでは、1つずつ簡単に紹介していきます!


⑴ 気温・海面水位の上昇

気温が上昇することで、北極などの寒い場所にある、氷や氷河が溶けて、海の水が増えてしまいます。

海の水が増えると、海の水位が上がるため、

低い場所にある土地などが沈んでしまいます。



⑵ 大雨などによる災害増加

最近、豪雨のニュースをよく見ることがありますよね。

温暖化によって、極端な大雨や台風が増えると予想されています。

そしてこういった異常気象により、

米や小麦などの収量への影響などに関連する

リスクも高くなっているのです。


⑶ 伝染病などの増加

これまで、アフリカなどの暑い地域で発生していた

伝染病にかかる人が増えるかもしれません。

蚊に刺されることで高熱が出る「マラリア」

などの病気が増える心配があります。


これらの問題は遠い国の問題ではなく、

すでに日本でも影響が出始めています💦

また、今後、地球温暖化の進行によって、

日本における影響の範囲や強度が強くなることも予測されました。


地球温暖化は、ただ暑い日が多くなるだけではないため、

さまざまな策を講じる必要があるのです!


地球温暖化の現状と"ヤバさ" 

地球温暖化には、産業革命期より地球の平均気温が1.5°上がると

地球温暖化の歯止めが効かなくなる、"臨界点"があると言われています。

しかし、2020年時点で地球の平均気温は1.2°上昇しています。

このままでは、早ければ10年後の2030年には、

臨界点である1.5°に達すると言われています。

参照:NHKクリエイティブライブラリー


これは、かなり"ヤバい"状況だといえます。

 

まとめ

●地球温暖化とは、温室効果ガスの濃度が上がりすぎること。

●地球温暖化が進むと、人間・動物・植物が生きづらくなる…!

 


私たちにできる、エコアクション

では、私たちは、どのようなアクションをとれるでしょうか?

たとえば「節電」。

電気をこまめに消す、などはご存じの方も多いと思います。


ほかにも、ご家庭の電力を再生可能エネルギーに切り替える、電気自動車に切り替えることも、効果的にCO2を減らすことのできるアクションの1つです。


 

それ以外にも、簡単に始めることができる、

環境にやさしいアクションはたくさんあります!

これから、コラムでちょっとずつ紹介していきますので、お楽しみに~!

SOYCLEレシピ公開中!!
SOYCLEを使ったとっておきの一品を #ソイクルごはん で募集しております!

  • ご購入はこちらから
Soycle 大豆ミートレシピ公開中!