Columnコラム

食品ロスを減らすため、できることを考えよう!

 

こんにちは。外食で食べきれなかったときは、お持ち帰りできるか

聞く、ヒダです!(聞くのが難しい雰囲気のとき以外💦)


食べ物を粗末にしてはいけない。

わかってはいるけれど、

気づけば「腐っちゃった…」「賞味期限切れ」「食べきれない」

という経験はありませんか?


今回は、

必要な分だけ買う・注文する、残さず全部食べる

という基本的なこと以外で

ご家庭で、今日からできるアクションを

紹介していきます♩


買い物時

フードロス削減に取り組む会社から購入する

たとえばTABETEでは、美味しいパンやスイーツなど

その日お店で売れ残りそうな商品を

“レスキュー”としてお得にゲットできちゃいます!🍞


すぐ使う食材は、「てまえどり」

コンビニなどでよく目にする方も多いと思います。

「てまえどり」により、販売期限が過ぎて

廃棄される食品を減らすことができます!

 

保存時

野菜は冷凍、茹でるなどしてストックする

これ、私もこれから必ずやります!

野菜を腐らせた経験がある…という方は

一緒に始めませんか?😏🥬

 

廃棄前/後

賞味期限が切れたものでも、すぐに捨てない

賞味期限とは、おいしく食べることのできる期限です。

消費期限と違い、期限を過ぎると食べられなくなる訳ではありません。

参考元:農林水産省


賞味期限が過ぎたものでも、色・におい・味に問題がなければ

まだ食べることができます。

保存方法により差はありますが、賞味期限30日間の食品は

37日〜50日まで食べることができると言われています。


フードバンクに送る

フードバンクとは、企業や個人が

品質は問題ないけれど商品化できない食品や

家庭で余った食品を寄付して、

福祉施設や困っている家庭へ無償で食品を提供する活動です。

たとえばセカンドハーベスト・ジャパンでは、

乾麺や缶詰、レトルト食品など

日持ちのする食品の寄付を受け付けています。


コンポスト

次回、まるまる1回分のコラムにて

コンポストの魅力をお伝えします!

お楽しみに✨

 

おまけで

外食時にできるアクションを1つご紹介🌿

ずばり、食べきれないものは持ち帰りできるか聞く

ことです。

たとえば、すかいらーくグループや大戸屋では

お持ち帰り用パックを用意してもらえます。

(私も何回か大戸屋でお願いしたことがあります👌🏻)

「食べきれない…ピンチ!」という時には、

他にもみなさんがよく行くお店でも

聞いてみてはいかがでしょうか。

SOYCLEレシピ公開中!!
SOYCLEを使ったとっておきの一品を #ソイクルごはん で募集しております!

  • ご購入はこちらから
Soycle 大豆ミートレシピ公開中!